BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. デリケートゾーン
  4. デリケートゾーン の匂い

デリケートゾーン の匂い

昨日に続いて臭いケアについてのお話です。

膣内環境を整えるのにヨーグルトが有効だというのは正解だと思いますか?

 

正解は。。

 

正解ですが完全に正しい訳ではないのです。

膣内環境を整えるには、善玉菌を減らさない事=ヨーグルトを食べたら良いに繋がったようなのですが、ヨーグルトを取ることで免疫力を上げ、結果的に整った、という事なんですね。

このヨーグルトの情報で、直接膣内に入れると臭いの予防になるという方もいらっしゃいましたが、

そもそも、その用途のために作られているわけではなく、雑菌が入る可能性もあるのでやめた方が良さそうです。

 

要するに、善玉菌が増える食べ物、しかも植物性由来のものをとろうとするなら、日本食では何だと思いますか?

 

だいたいは察しがつくのではないでしょうか?

麹菌を含む味噌(無添加という意味です)・醤油・ぬか漬け・納豆などで、この善玉菌のエサとなり、正常に作用させるために必要なのが、食物繊維(特に水溶性のもの)で、人参・さつまいも・大根・果物・大豆・大麦・海藻(寒天・わかめ・ひじき)・きのこ類などと言われております。

 

昔から日本人が口にしていたものですね。

今の時代は皆さま栄養学にも本当に詳しく、よくご存知です。

 

が、美味しいものが多く、しかも手軽に安く買うことができる時代に、良いと思う食べ物を習慣化していくことが難しいこと、私は嫌というほど実感しています。

 

そこで、超応急処置的なものとして、クライアントさんにお勧めしていることがあります。

 

それは、

臭いを控えたい日の前日の夜、シャワーで済ませず湯船に浸かること。

便秘にならないように食物繊維を多く摂ること。

便秘の時の臭いは腐敗臭に近くなります。

柑橘系の果物を摂ること。

柑橘系の果物はクエン酸が豊富で、体臭予防に効果的です。

私は時々生グレープフルーツを絞って飲んでいます。

そして何より大事なことは睡眠をしっかり取ること。

睡眠不足で免疫が落ちる、というわけですね。

それともう一つ大事なことは、デリケートゾーンを清潔に保つことなんです。

クライアントさんの約8割はさほど気にせず適当に洗ってらっしゃいました。

デリケートゾーンは、排泄場所であり、下着や陰毛で蒸れるところでもあり、清潔を心がけなければ臭いを減らすことが難しいのです。

デリケートゾーン専用のソープを使い、必ず手ゆびで洗うことをお勧めしています。

そして、排泄の後も注意が必要です。

強く拭いている方、擦るように拭いている方が結構いらっしゃるんですが、これは絶対にNGです。

水分をトイレットペーパーに吸い取らせる、こんなイメージでやらないと、陰毛に臭いを擦り付け、ペーパーが毛に絡み付き、さらに臭ってしまいます。

 

私はこれを知るまで適当でした。

知ると知らないでは雲泥の差です。

それでも排卵前や生理前は何をしても臭いは残ります。

どうしても気になる時は、市販でも購入できるようになったジェルを注入するタイプの膣洗浄器をお勧めしています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事