BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 女性ホルモン
  4. 女性ホルモンを整える

女性ホルモンを整える

女性の身体というのは繊細で、些細な事でもホルモンバランスが崩れることがあります。

今日は実践しやすい方法をお伝えいたします。

大きく分けて二つ、

ウオーキングなどの有酸素運動を行う事。

もう一つが動物性食品を控えること。

女性の有酸素運動のコツなどもありますが、それはまたにいたしまして、まずは取り入れやすい食事に注目してみようと思います。

ご存知の方も多いかもしれません。

動物性食品は簡単に言えば、動物に由来する食品のことなんですが、肉・魚・卵・乳製品。

これらが加工されたハムやベーコン、カマボコ、そしてハチミツ。

詳しくは知らなくても容易に想像がつくものばかりですね。

ハチミツは、「そうだったの?」と、少々驚きましたが、蜂は動物界に分類されるのですね。

だからと言って私は菜食主義者でもなんでもなく、生まれ育ったところが牛と乳製品の名産地でしたので、肉とチーズが大好きなのです。

私の食生活からこれらを完全に排除することはできないし、排除する気もないので、少しずつ控え、他の食品をとることで満足度を上げ、結果的に肉やチーズが減ったという流れを作ることにしました。

習慣というのは大変に変え難いもので、習慣を変えることが全ての事柄において1番難しいと常々感じています。

短期集中でやろうとすると反動が大きくなります。

ダイエットと同じですね。

そのため、亀の歩みのように地道に取り組みました。

植物性食品を多めに取るために、和食中心にし、水分はお水を常温か白湯に切り替えていくうちに汗の臭いも、特に気になっていたデリケートゾーンの臭いも少しずつ気にならなくなっていきました。

さて、一つ質問です。

ニンニクやニラを食べた直後や翌日、デリケートゾーンの臭いに影響あると思いますか?

正解は。。

ニンニクやニラ、ネギなどの香味野菜は、食べたものを特定できるほど影響します。

また、香辛料の多い食品、例えばカレーやスパイシーチキンなども臭いに直結します。

私は香味野菜や香辛料が大好きで、キッチンにはあらゆるスパイスの瓶が所狭しと並んでいます。

本当は控えることも寂しいのです。

でも、好きなものを完全に排除するわけではありませんし、食べる喜びが減ってしまうので、程々に楽しんでいます。

何事もバランスですね。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事