BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 副腎疲労
  4. 【気の緩みからくる副腎疲労】

【気の緩みからくる副腎疲労】

今回は、気が緩んだところで副腎疲労が出たというお話しです😊

 

子供達を治療し始めて一年半が過ぎたところで、長女が北海道のおじいちゃんの所に行く!と言い出しました😅

 

21歳の長女は重度の副腎疲労、副腎疲労患者の頂点レベル🗻の症状だったため、

『ついこの間まで大変だったんだよ?まだ一人で旅行はキツイんじゃない?』

と、止めてるようで、さほど止めていない私がいました。

自分から行動を起こすということは回復の証拠でもありますから😊

 

とは言え、私の父は76歳。

ズンバに通えるほど元気なおじいちゃんですが、

疲労の出方は当然、年齢相応です()

可愛い孫の為とはいえ、そんなに頑張らせられる歳でもなく😅

 

という事で、暇さえあれば長女を治療をする年末を過ごしていました。

年が明け宣言通り北海道へ出発✈️

 

その翌日から私の体は鉛のようにずっしり重く😇

腰痛、舌痛症、口の粘膜の痛み、口渇感、太腿に下肢静脈瘤初期のような灼熱感、子宮卵巣の痛み、乳房にゴロゴロしこりができました(既往症オンパレード+温圧器で頬の火傷もしました苦笑)😂

 

『ホッ』としたタイミングで、雪崩の如く症状が出たわけですが、やっぱり副腎疲労がどん!と出たな〜と落ち着いている私。

これまで学んできたことを生かせば治る!と、一日3〜4時間の温圧中心の自己指圧とサプリメントを4種類を一週間。

舌痛症はヘルペス、アレルギー、薬による免疫不全(以前の)による可能性もあるため、サプリメントを複数使いました。

生体水化された水も3L超。

そしてお昼寝。

今回はこれでほぼ全ての痛みが抜けました😆

 

痛みは抜けましたが、しばらくは油断は禁物ですね☺️

 

ですが正直、焦りました。

この痛みと怠さが抜けなかったら仕事になりませんから🥹

 

そういえば、今回自分で面白い実験をしました。

火傷を綺麗に治してくれた※エミューオイル(テラヘルツ加工のもの)を、唇や舌、乳房のしこりや下肢静脈瘤のような灼熱感がある部位にも塗りました。

エミューオイルは人間の脂に最も近く、飲んでも良い鎮静効果の高いオイルです。

舌にエミューオイルを塗っている私を見て次女は、『お母さんついにオカシクナッタ🫣』という視線を感じましたが放置*\(^o^)/*

 

塗った数分後から…

なんと!?驚き!!!

舌の痺れや痛み、足の灼熱感や胸のシコリがみるみるうちに軽減ー(エミューオイルを塗ったのち温圧をしました😊

 

そして9割方快くなりましたが、9割止まり😅

弘前大学と青森県が共同研究開発した鮭の鼻先から抽出した粘膜や軟骨に効くという『プロテオグリカン 』サプリメントを追加しました。

 

そうしたら、またまたまたまた驚き!!!!

完全に舌の違和感が無くなりました😭

 

嬉しすぎ!!

プロテオグリカン凄すぎ!!😆😂🤣🌈

 

 

家族を自宅で治療するって、やっぱり大変なことなんです。

重度の副腎疲労、しかも年頃の娘となると余計です。

 

母親と娘の場合、同じ女性同士ということで、どうしても『心理的な距離』が近くなります。

特に母親は娘に対し親しすぎる傾向にあり、娘との境界線が曖昧になりがちです。

親は親、娘は娘と、ある程度の距離感を保ち、娘の人生に介入し過ぎないことが、治療中だからこそ必要だと分かっていても難しいなと思うときがあります。

 

しかし、いい距離感を保てたなら、母親は親子関係を再構築させる絶好のチャンスでもあると思うのです。

 

今回学んだことは、やり過ぎてもやらな過ぎてもいけないということ(当たり前ですね!)。

 

お子さんを治療をしているお母さん方、やはりご自分のメンテナンスをしながらお子さんを治療していくことが大切です!

 

だって、デフォルテで掃除・洗濯・料理、更にはお仕事と、息つく暇もないほど頑張っていたら、誰だって副腎疲労になります🥹

 

今回、関東に残った夫と次女が、一日中施術をしては寝てを繰り返す私を放っておいてくれたことが有り難かったです☺️

 

家族のサポートがあると、治療がスムーズですね😊🌷

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事