BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 心と体の健康
  4. 【心と体の健康】

【心と体の健康】

大変ご無沙汰しております!

お変わりないでしょうか?

 

約一ヶ月間、自律神経失調症や慢性疲労症候群・副腎疲労についての勉強会に参加し、座学に励んでおりました。

心と体は密接に繋がっていて、体の不調からメンタルが安定しない方がとても多いというのが受講の理由でした。

 

しかし、体の不調を取り除いても、心が安定しなければ本当の健康を味わうことができません。

これは、難病治療の先生も仰っていました。

 

先生曰く、

『体のケアで心も8〜9割までは改善させる自信があります。

しかし、残り1〜2割は僕では無理です。』

体の症状だけを診て治療をすれば、一時快くなります。

快くはなっても、生活習慣や考え方の癖を取り除かなければ、また同じ症状を繰り返してしまいます。

 

私たちは、目先の対症療法にだけ頼るのではなく、

一生涯、心も体も健康でいられる知恵と知識が必要です。

 

日本は残念ながら、土壌に不安が残ります。

体に良い食品は、一般庶民には続けることが難しい高価なものになり、ごく一部の人しか継続することができません。

だからといって、日本から脱出することは誰でもできるわけでありません。

 

ならば、何をしたらいいか?

(※余程、気楽な生活をしていない限り、慢性疲労症候群になっていると考えても言い過ぎではありません!)

万人に言えることは、胃腸のケアを最優先にするということ。

人間の最初にできる器官は『腸』だという話を聞いたことがあるかもしれません。

人間は「腸」によって「栄養の吸収と排泄」を行い、命を繋いでいます。

植物と動物の違いは「腸があるかないか」の違いと言われている程です。

グルテン(小麦・胚芽など)を多く含む食材は、腸の炎症を引き起こします。

人によっては腸の炎症から様々なアレルギーや、あらゆる疾患に罹る方もいらっしゃいます。

そこで最低限、私達が心掛けることは、

『食事の初めに野菜をしっかり摂る』

『よくしっかり咀嚼する(一口30回ぐらい)』

『質の良い水をしっかり飲む』

これがとても重要です。

そして野菜の次に肉や魚(加工されていないもの)、最後に炭水化物をそれぞれの適量を摂ります(適量なので、日によって又は年齢や消化力によっても違ってきますね)。

 

当たり前の話だと、良く知っていると思うかもしれません。

しかし、私も含めこれを完全にできている方は、本当にとても少ないのです。

一般的な栄養療法では完全な健康になれなかった私が辿り着いた、難病治療の先生もこの食べ方を推奨してしています。

健康に不安がある方も、より健康になりパフォーマンスをあげたい方も、参考にしていただけると幸いです。

今日も読んでいただき、ありがとうございました😊

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事